ラベル使用画像の著作権は、映画会社、配給会社、製作会社、TV局、プロダクション等に帰属します。
※カスタムラベルの私的使用以外の転用、二次配布を硬く禁じています。ご理解の上、ご利用下さい。 ※

2015年11月08日

二十四の瞳 (1954年版) 自作DVDラベル


二十四の瞳 自作DVDラベル



『 二十四の瞳 』 の自作DVDラベルです!


瀬戸内海の小豆島を舞台に〜

新任の女性教師と12人の子供たちの話です。


ブログランキングに参加しています。 にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 応援ポチいただければ励みになります^^


子供のころにテレビで見た映画です。

ふと思い出したので〜作りました。


二十四の瞳 自作DVDラベル


昭和3年から昭和21年までの18年間と〜

長い時期を描いた作品です。


瀬戸内海の一寒村にやってきた大石先生。

自転車に乗ってやってきました。

そんなハイカラな先生を村人たちは良く思ってないようです。

軍国主義の時代につらい目に合う子供たちと。

子供たちに紳士に向き合う大石先生。


戦争を経て多くの男子の多くは戦死!

女子も奉公に出されるなど・・・

ボロボロに泣けますよ!


でもね〜

一番印象に残っているシーンはね〜

子供たちが、遠くにいる大石先生に会いに行ったときのことなんです。

先にバスで行ったことのある子が言うには?

おにぎりを一つ食べ終わるまでに着いたから近いって。

で、みんなで歩いて先生に会いに行ったんですよ。

実は、始めた乗ったバスで〜

おにぎりを食べるを忘れて運転手さんを夢中で見てたりしたんです。

じゃぁ〜遠いですよね^^


安ちゃんのお薦め邦画に戻る




[DVDラベル] ブログ村キーワード
【管理人のおすすめ邦画の最新記事】
posted by 安ちゃん at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人のおすすめ邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429262848
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック