ラベル使用画像の著作権は、映画会社、配給会社、製作会社、TV局、プロダクション等に帰属します。
※カスタムラベルの私的使用以外の転用、二次配布を硬く禁じています。ご理解の上、ご利用下さい。 ※

2010年10月24日

DVD,CDのラベルの作り方

リクエストがあったので、ラベルの作り方の説明します。

音楽CDやビデオ等のDVDを作ったときの参考になればと思います。


1、新規作成.jpg


ペイントドットネットを起動して、赤丸の新規作成をクリックします。


2、新規作成の窓.jpg


1000ピクセルの正方形を作ります。

すると正方形が表示されます。


※サイズはお好きなサイズでどうぞ※


正方形の中を円形に選択します。

その時に見てほしいのが ↓↓

3、ポインターの位置.jpg


右下の赤丸のところです。

ポインターを動かすと数値が変わります。

画像は長方形になってますが、さっき作った正方形でやってください。

では、楕円選択をします。

次に、正方形の左上で「0,0」のところにポインターを移動してから右下の「1000,1000」までドラッグ&ドロップをします。


4、ドラッグ&ドロップ.jpg


これで、1000x1000ピクセルの円形が選択されました。

この状態で、切り取りをおこないます。


10、角を切り取る.jpg


できました!

切り取りは、左上のほうにハサミのマークがあるのでクリックすればできます。


今度は、残った角に色をつけます。

白いままでも良いのですが、ラベルにしたい画像が白っぽい色ですと見にくいからです。


角の白い部分を魔法の杖で選択して、好きな色を塗ってください。


8、角を切り取る.png


これで完成です。

持って帰ってください^^

円形の部分が白くなってますが、ダウンロードすれば切り取られた画像になっています。


それでは、ラベルにしたい画像を貼り付けましょう。

通常は、写真などのデータを開くか、ドラッグ&ドロップで持ってきます。

今回は、動画から切り取るやり方で行います。


12、画像の貼り付け.jpg


上の画像は、フォトビューアーの静止画ですが、動画のプレイヤーと思ってください^^


23、画像の貼り付け.jpg


動画の貼り付けかたですが、まず動画を一時停止して下さい。

それからパソコンのキーボードでPrtScnを探して押してください。

これでモニター上の画像のデータがパソコンに記憶されます。

それから、ペイントドットネットの編集をクリックします。

そして新しいイメージに貼り付けをクリックすると貼り付けの終わりです。


13、レイヤー1.jpg


わかりにくいですが(全然わからないと思いますけど^^)張り付いた状態です。

右下を見てください。

これから新しいレイヤーを作ります。

青丸をクリックするだけです。

それから赤丸のところのチェックをはずしてください。


14、レイヤー2.jpg


これがさっきの画像の新しいレイヤーです。


15、レイヤー3.jpg


さっき作った外側を貼り付けました。


16、レイヤー4.jpg


今度はさっきはずしたチェックを入れて背景を表示させます。

背景を表示させると、ちょっと画像が小さいですねw

それでは画像を少し大きくしてみましょう。


17.レイヤー5.jpg


イメージからサイズ変更をクリックしてください。

120%でやってみます。

できた画像に外側を貼り付けます。


19、レイヤー7.jpg


調度良い大きさになりました。

まだ選択されたままです。

ここでレイヤーの結合を行います。


20、レイヤー7.jpg


赤丸をクリックします。

見た目は一つ上の画像と変わりません。


20、レイヤー8.jpg


この状態で楕円選択をクリックすると、外側と合わせて選択された状態になります。

わかりにくですけど色がかわったでしょう!?


この状態でコピーか切り取りを行い、新規を作成すると自動的に1000x1000ピクセルの正方形ができます。


22、レイヤー9.jpg


できた正方形に貼り付けて完成ッ!!

大きくして見てください。

できてますよ^^


慣れるまでは悩むと思いますw

が・しか〜し、私もパソコンの初心者です。

苦労してこのやり方にたどり着きました^^


これは ↓↓おまけです↓↓

22、内円.jpg


実際必要ないのですが、これを貼り付けて、さらに切り取るとインクの節約になるかも?

貼り付けるときは、さっきと同じように新しいレイヤーに貼り付けてください。


スポンサーリンク


posted by 安ちゃん at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Paint.NETの使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする